違い

入れ歯にも保険適用のものと、自費のものがあります。

 

部分入れ歯

保険と自費の比較.jpg

    5,000〜13,000円

    (3割負担の場合)

  3歯110,000+TAX 円

 

保険のものと自費のものの差はまず第一に審美性です。

笑うと金具部分が見えてしまい、手をあてないと笑えないという方も多くいらっしゃいます。

自費の入れ歯はノンクラスプデンチャーといって、金属を使わずに入れ歯を支えることができます。

ただ、すべての症例に使用可能なわけではありませんので、先生と相談しながら、1番いい方法を一緒に考えていきましょう!

 

総入れ歯

 

総義歯.jpg 金属床.jpg シリコンデンチャー.jpg

フルデンチャー(保険適用)

10,000円程度(3割負担)

金属床

コバルトクロム・チタン・金など

金属の種類によって

金額が異なります

シリコンデンチャー

入れ歯の一部がシリコンで

できている義歯。

 

 

総入れ歯は、保険でつくるとレジン(プラスチック)で作られます。細かい修正をくわえながら、食事ができる入れ歯を根気よく作っていく作業が必要です。

また、入れ歯を使う時間や方法によって、お口の中は日々変化していくため、1度ぴったり合っても一生そのまま使い続けられるわけではありません。

 

金属床は上あご部分がプラスチックではなく、金属でできている入れ歯です。

金属にすることで、薄くなり、喋りやすくなります。また、軽いものもあり、楽に使うことができます。

さらに、金属でできていることにより、熱さや冷たさを感じることもできます。これは入れ歯をしたままのお食事にはとても大きなこと。熱さや冷たさを感じることも食事の一部ですし、火傷が減ります。

 

シリコンデンチャーは入れ歯の歯ぐきに接触する部分がシリコン素材でできている入れ歯です。

痛みがでにくく、壊れても直しやすいのが特徴です。今お持ちの入れ歯につけることもできます。

 

自費の義歯に関しては、素材や形状により値段が異なるため、詳しくは院内スタッフまでお尋ねください。

▲このページのトップに戻る