入れ歯の種類

入れ歯の種類を分けるときに、部分入れ歯か総入れ歯かの2種類になります。
また部分入れ歯であろうが、総入れ歯であろうが、 健康保険に適用される入れ歯かどうかで、素材や形が変ってきます。
自費で入れ歯を作る場合はさらにいろいろなバリエーションに増えていきます。
そんな入れ歯の種類に関して記載していきます。

部分入れ歯と総入れ歯

入れ歯は大きく分けると部分入れ歯と総入れ歯2種類にわけられます。

 

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は歯科医院ではパーシャルデンチャー(PD)と言います。
歯を部分的に失った場合に入れる入れ歯で、 残っている歯に金具をかけて入れ歯を維持させます。
金具も針金のように簡単に曲げることができるものを使ったり、 鋳造によって歯にあった金具を作って使用する場合もあります。






総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯は歯科医院では、フルデンチャーともいいます。
歯を全部失った人に入れる入れ歯であり、 上の総入れ歯は歯茎の土手に真空状態で密着させ維持をし、 下の総入れ歯は唇と舌と頬の筋肉のバランスで維持させるように作ります。
入れ歯の悩みせ一番多いのは、この下の総入れ歯を使用することによって、 入れ歯が安定せず動き痛みが出たり、上手く噛めなかったりすることが多いようです。




保険と自費の入れ歯

入れ歯は基本的には健康保険で作ることができます。
しかしより良い入れ歯を望むときは、 保険が適用にならない入れ歯もでてきます。
また部分入れ歯などは、 入れ歯を支える装置によっては保険適用にならない場合があるので、 検討してみた方がいいでしょう。
部分入れ歯の場合、残っている歯に入れ歯の支えを求めるため、どうしても金具が掛かっている歯がむし歯になったり、ぐらぐらしてきたりして、その歯にトラブルが起こる可能性がでてきます。
自費診療の入れ歯は特に部分入れ歯を維持する歯に、 負担をかけないような維持装置を付けるところに最大の利点があります。

違い

入れ歯にも保険適用のものと、自費のものがあります。

 

部分入れ歯

保険と自費の比較.jpg

    5,000〜13,000円

    (3割負担の場合)

  3歯110,000+TAX 円

 

保険のものと自費のものの差はまず第一に審美性です。

笑うと金具部分が見えてしまい、手をあてないと笑えないという方も多くいらっしゃいます。

自費の入れ歯はノンクラスプデンチャーといって、金属を使わずに入れ歯を支えることができます。

ただ、すべての症例に使用可能なわけではありませんので、先生と相談しながら、1番いい方法を一緒に考えていきましょう!

 

総入れ歯

 

総義歯.jpg 金属床.jpg シリコンデンチャー.jpg

フルデンチャー(保険適用)

10,000円程度(3割負担)

金属床

コバルトクロム・チタン・金など

金属の種類によって

金額が異なります

シリコンデンチャー

入れ歯の一部がシリコンで

できている義歯。

 

 

総入れ歯は、保険でつくるとレジン(プラスチック)で作られます。細かい修正をくわえながら、食事ができる入れ歯を根気よく作っていく作業が必要です。

また、入れ歯を使う時間や方法によって、お口の中は日々変化していくため、1度ぴったり合っても一生そのまま使い続けられるわけではありません。

 

金属床は上あご部分がプラスチックではなく、金属でできている入れ歯です。

金属にすることで、薄くなり、喋りやすくなります。また、軽いものもあり、楽に使うことができます。

さらに、金属でできていることにより、熱さや冷たさを感じることもできます。これは入れ歯をしたままのお食事にはとても大きなこと。熱さや冷たさを感じることも食事の一部ですし、火傷が減ります。

 

シリコンデンチャーは入れ歯の歯ぐきに接触する部分がシリコン素材でできている入れ歯です。

痛みがでにくく、壊れても直しやすいのが特徴です。今お持ちの入れ歯につけることもできます。

 

自費の義歯に関しては、素材や形状により値段が異なるため、詳しくは院内スタッフまでお尋ねください。

▲このページのトップに戻る